らーめん行脚【其ノ六百六拾五】優勝軒 草加店 [草加]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●優勝軒 草加店 [草加]

埼玉県熊谷市に本拠地をおく、株式会社優勝軒が運営するブランドの
ひとつです。ルーツはあの東池袋大勝軒(山岸一雄)からのれん分けした
茨城を中心とする大勝軒系最大の麵屋こうじグループから2010年独立した
ものです。
したがってメインは大勝軒系のもりそば(つけ麺)と麵屋こうじの角ふじ
ラーメンが二分する構成です。
私自身は北本店に続き2軒目の訪問になります。

という訳ですが、今回紹介するのはどちらでもなく、黒中華そば(780円)
です。アップが遅くなり今年5月に訪問したものになります。

yusho_men.jpg

写真のとおり、いわゆるブラックラーメンのような感じ。
かなり濃い目の醤油スープですが、思ったほど塩辛くはなかったですが
味はもう少しガンバレといったところ。
麺は加水率割と高めの黄味の強い中太縮れ麺。スープとのバランスは良い。

評価は ★★★☆☆

ブラック系としては味の奥行きが今一つといったところで、この評価と
しました。いつもこの系列へ来たときはぜひ角ふじ(いわゆる二郎系)
を食べようと思っているのですが、つい違うものを頼んでしまいます。
次回こそはと・・・


 住所 埼玉県草加市北谷1-2-17
 営業時間 11:00〜23:00(L.O.22:30)
 定休日 無休
yusho_dr.jpg

らーめん行脚【其ノ六百六拾四】リンガーハット イオンモール川口前川店 [蕨]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●リンガーハット イオンモール川口前川店 [蕨]

たまに食べたくなる長崎チャンポン。
という訳で今回はリンガーハットとしては7店目になるイオンモール川口
前川店を紹介します。
ここは川口市前川にあるイオンモールのフードコートにあります。
住所は川口市ですが、最寄り駅はJR蕨駅になります。

オーダーはスタンダードの 長崎ちゃんぽん(637円)

ringer_men.jpg

リンガーハットの良い所は、どの店でもアルバイトでも、安定した味を提供
できること。これは永続するファストフードとしては絶対条件だと思います。

博多麺が苦手な私としては、このチャンポン麺は九州系ラーメンとしては昔
から好きなものです。

評価は ★★★☆☆

リンガーハットは全国に600店舗以上展開していますが、今回で7軒目の紹介
なので、まだまだ1/100程度ですね


 住所 〒333-0842 埼玉県川口市前川1-1-11
    イオンモール川口前川 1Fフードコート
 営業時間 平日 10:00~22:00 L.O. 21:45
 定休日 年中無休
ringer_dr.jpg

らーめん行脚【其ノ六百六拾参】博多らーめん 由○ 丸の内店(5)[東京]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●博多らーめん 由○ 丸の内店 5回目  [東京]
らーめん行脚【其ノ五百八拾六】【其ノ六百拾壱】【其ノ五百八拾六
其ノ六百弐拾七】で紹介した由○ 丸の内店  [東京]の5回目です。

昔どちらかと言えば避けていた博多ラーメンですが、最近
だんだん好きになってきた。
という訳で、ここ由○丸の内店も5回目の紹介になります。
実食はもっと利用していますが・・・

今回も好きな辛子高菜をトッピングした
豚ばらチャーシュー麺+辛子高菜(1,020円)を注文。

yoshimaru_mene.jpg

いつもの豚骨炊き出しのスープに薄口醤油のかえし。
最近好きにといいましたが、麺はまだそこまではいきません。
博多ラーメン好きはこの麺がいいのでしょうが・・・

評価は ★★★★☆

今回も星3.5ということで4つにしました


 住所 〒100-0006 東京都千代田区丸の内3-1-1
             国際ビルB1F
 営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)
     [土] 11:00~22:00(L.O.21:30)
 定休日 日曜、祝日
画像

らーめん行脚【其ノ六百六拾弐】中華そば 福味 東京駅KITTE店 [東京]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●中華そば 福味 [東京]

3月5日に東京駅横のKITTE B1にオープンした「ラーメン
激戦区 東京・丸の内」。松戸の超人気店「中華蕎麦 とみ田」
が都内初出店の直営店として営業する「松戸富田麺絆」を
はじめ5店舗が営業しています。

予想通りオープン当初は大行列でとてもランチでは使えず
4月に入って、そろそろ人気の格差(富田の一人勝ちは
否めない)ができ、空いてきたのでその中の1店ここ福味
に訪問しました。
ここは「せたが屋」や「ひるがお」など複数のラーメン
チェーンを展開する株式会社せたが屋のブランドのひと
つです。
中華そばがメインのようですが、雲吞麺(960円)を注文。

画像


よい色加減の醤油スープに軽くラードが浮いていて、
ビジュアルはなかなか良い感じ。
スープは銘柄鶏「信玄丸鶏」を長時間低温で炊き込んだ
クリアな清湯スープだそうで、かえしに千葉の老舗醸造
所直送の下総醤油ベースに昆布だしをブレンドしたものを
使っているそうです。
感想としてはこだわっているほど味に反映されていると
感じませんでした。

麺は北海道産小麦「北ほなみ」を使用した中細ストレート。
個人的にはもう少し加水率を高くしたほうが合うのではと
思いました。

チャーシューは鶏と豚の2種類。雲吞も鶏あんが使われて
います。
細切りメンマと葉の部分の葱とこだわり?の白髪葱1本。

評価は ★★★☆☆

細部まで非常にこだわって手間をかけ仕上げた一品です
が残念ながら味の出来栄えはいまひとつといったところ
でした。ラーメン戦争も現在の行列だけを採ると最下位
っといった感じですが、素直にラーメンの出来が反映され
ていると思います


 住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7‐2
           KITTE丸の内B1Fキッテグランシェ
 営業時間  11:00~22:00
 [土・日・祝]  11:00~21:00
 定休日 無休(但し、施設に準じる)
画像


らーめん行脚【其ノ六百六拾壱】中国料理 小花(3)[有楽町]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●中国料理 小花 3回目  [有楽町]
らーめん行脚【其ノ六百弐拾六】【其ノ六百参拾八】で紹介
した中国料理 小花  [有楽町]の3回目です。

最近比較的お気に入りで、ランチによく訪問します。
今回は恐らくここのラーメンのメインである担々麺
(1,000円)
です。

画像


担々麺は嫌いではないのですが、あのピーナツバターの
ような練胡麻の甘さが若干苦手なので好んで頼みません。
ここのスープも標準的な担々麺の味でしたが辛さは控え
めで、余計に甘さが際立ちます。
麺は黄味強めの中太縮れ麺。

評価は ★★★☆☆

小ライス付きですが最近控えているので無しに。
担々麺としての仕上がりは良いと思います


 住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1
             新東京ビル B1
 営業時間 11:00~14:00 17:00~12:00(LO.21:00)
 定休日 土・日・祝 (土曜日は貸切のみ営業)
画像

らーめん行脚【其ノ六百六拾】日高屋 戸田公園駅店 [戸田公園]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●日高屋 [戸田公園]

4月はじめに寄りました。
ここはJR埼京線戸田公園駅ビル内にあり、店内に仕切り
があり、改札内と外の両方から入店できます。
私は電車で来たのですが改札を出てから入店しました。

余談ですが今日見ていたTV番組内で女優のエンクミが
昔からよく日高屋に通ってるそうで、ただ頼むのはいつも
中華そばばかりだそうです。
私もよく行きますが、どこの店にいっても9割以上、中華
そばです。そういう訳で本日も中華そば(390円)です。

画像


日高屋も比較的どこへ行っても味は安定しています。
スープは中華そばとしてはかえしが強く、脂も多いほう。
麺は喜多方ラーメンのような加水率高めのツルツルとし
た食感の中細縮れ麺。

評価は ★★★☆☆

普通のラーメンに比べればやはり落ちるが、最近この味が
だんだん好きになってきました。
もちろん390円という価格から言えば上等な出来ですが・・・
今年はもう少し日高屋の軒数を増やしたいと思います


 住所 〒335-0023 埼玉県戸田市本町4丁目15-1
             JR東日本戸田公園駅ビル内
 営業時間 (月~土) 10:00~翌1:00
        (日・祝)  10:00~24:00
 定休日 年中無休
画像


らーめん行脚【其ノ六百五拾九】大塚支店 [銚子]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●大塚支店 [銚子]

3月末に銚子にミニ旅行したときに新規開拓として、銚子
では有名店のここに寄りました。
いろいろ型破りな店で、店名といいその外観はどこかの
会社のまさに営業支店といったたたずまい。
店内もラーメン店というより食堂といった造りです。
もともと本店と分店があったそうですが、すでに閉店して
おり支店だけが残っている?状況です。

当日の工程の都合で11:30頃の訪問だったのですが、
すでに8割がた席が埋まっている状態。
平日のせいかランチ目的の客と付近の主婦のような方々
でした。
あとで気づいたのですが大半が銚子漁港の関係者のよ
うで、だから早い時間から混んでいるようです。
その後も続々と店の周りに路駐して関係者が訪れてい
ました。

オーダーは事前調査で人気筋のワンタンメン(810円)
まだ時間も早くそんなにお腹もすいていなかったので
普通を注文しましたが、大盛は50円増しですが結構多く
お得感があります。

画像


スープはかえし濃い目の中華そば系な感じ。脂は控えめ
なのでかなりさっぱりした仕上がりです。
スープは普通でしたが、麺はまるで台湾の麺線(そうめん)
のような平打ちストレートで、かなり特徴的です。ラーメン
というより冷麦に近い感じ。
好みが分かれるでしょうが、私はこのスープには合わない
と思いました。

そしてワンタンですが、これも普通とは違いかなりしっかり
としたあんで、硬さもありウィンナーというか肉団子のよう
な感じです。味は薄く量もあり、ちょっと持て余し気味でし
た。

評価は ★★★☆☆

銚子の有名店ということで期待感が大きかったせいも
ありますが、ちょっと想像と違いました。
あと学生や労働者が多い店は量が多いというお決まりの
とおり、普通でも結構な量で大盛にしなくて良かったと
いったところでしたが、周りは主婦の方も含め結構大盛
を注文していて、男性陣はさらに半カレーセットを頼んで
いました


 住所 千葉県銚子市双葉町4-18
 営業時間 11:00~15:00
 定休日 月曜(祝の場合は翌休)
画像


らーめん行脚【其ノ六百五拾八】麺屋 大勝軒 (5)[有楽町]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●麺屋 大勝軒 5回目 [有楽町]
らーめん行脚【其ノ四百七拾弐】【其ノ四百八拾弐
其ノ四百八拾八】【其ノ六百参拾壱】で紹介した
麺屋 大勝軒 の5回目です。

ここはランチラーメンのルーティン店のひとつ。今回で紹介
は5回目ですが、訪問は倍以上になります。
ここの私の定番は醤油ですが、メニューが変わっていて
味噌らーめんが信州味噌らーめんになっていて価格も
50円アップしていました。(醤油は変わらず)

では確認と、信州味噌らーめん(800円)を注文。

画像


以前【其ノ四百八拾弐】で紹介した味噌らーめんと比較
したところ、見た目はほとんど変わらず、若干味噌が白
くなったかな?といった具合。
味の方も違いを感じられなかった。
何故に信州と入れたのだろう?値上げの口実のような
気がします。

評価も前回同様 ★★★☆☆

個人的には赤味噌をブレンドして欲しい。どうしても白味
噌系の甘さが気になる。
ところで今回も注文後に気付いたのだが、つけ麺も注文
するのを忘れていた・・・


 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-1
             銀座インズ1・1F
 営業時間 平日 10:30~21:00
     土・日・祝 10:30~20:00
 定休日 無休
画像



らーめん行脚【其ノ六百五拾七】焼肉トラジ 恵比寿庵店 [恵比寿]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●焼肉トラジ 恵比寿庵店 [恵比寿]

恵比寿で創業し今年で20周年になる焼肉トラジ。都内だけ
でも48店舗、全国に72店舗を展開するチェーン店です。
ここ恵比寿には本店をはじめ3店舗が営業しています。
その中の恵比寿庵店に行ってきました。

これだけ展開しているので、しょっちゅう目にする店ですが
意外に縁が無く、おそらくトラジ全体で1~2回目の訪問歴
だと思います。
そしてここの冷麺は初めてになります。

という訳で今回は、小冷麺(800円)になります。

画像


果物等が入っていない非常にシンプルな冷麺です。
玉子も通常茹で卵が多い中錦糸玉子です。
チャーシュー等肉系もなく、のりという珍しい仕上げです。
スープは結構好きなタイプ。スッキリしていて旨い。
麺は普通で半透明の縮れ麺。

評価は ★★★☆☆

個人的に韓国系のステンレスの器と箸は好きではないが
さすがトラジ、器もお洒落です。
シンプルは冷麺ですが味は良かったです


 住所 東京都渋谷区恵比寿南1-1-10
 営業時間 [月~土] 17:00~翌5:00(L.O.翌4:00)
        [日・祝] 17:00~24:00(L.O.23:00)
 定休日 年中無休

らーめん行脚【其ノ六百五拾六】やまふじ家 野田店 [野田]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●やまふじ家 野田店 [野田]

3月に取手でゴルフをした帰りに寄りました。
昨年オープンした店のようで店内もキレイな感じです。
横浜家系とのことですが味は醤油、塩、味噌とありさらに
魚介まであります。
とりあえずメインであろう醤油豚骨のやまふじらーめん
(900円)
を注文。
ちなみに同じやまふじらーめんでも塩豚骨は930円、
味噌豚骨は1,000円になります。

画像


スープは看板に濃厚豚骨とあるように白濁の強いクリーミー
な仕上がり。かえしのバランスがよく結構旨い。(ただし、
脂少な目を注文)
麺はやや縮れの中太麺。これも良い。

トッピングは定番のチャーシュー、海苔、ほうれん草。
大ぶりのチャーシューは3枚、海苔は5枚ついています。
それと最近チェーン系に多いうずら卵に、さらに半熟玉子
の組み合わせ?

 ★★★★☆

ラーメンの仕上がり具合やメニュー、店内の表示や
テーブルの調味料類から最近チェーン展開いちじるしい
横浜家系の壱角家の関連のようですが、ネット検索して
みましたが関係性を見つけることができませんでした。
しかしかなり類似性があるのでなんらかの関係はある
のではと思います


 住所 〒278-0035 千葉県野田市中野台106
 営業時間 11:00~24:00
 定休日 なし
画像


らーめん行脚【其ノ六百五拾五】麺処直久 丸の内センタービル店 (2)[東京]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●麺処直久 丸の内センタービル店 2回目 [東京]
らーめん行脚【其ノ六百四拾四】で紹介した
麺処直久 丸の内センタービル店 [東京]の2回目です。

昨年10月に新規開拓中に発見した麺処直久に再訪。
前回はこく旨らーめん醤油だったので今回は、
煮干しらーめん(750円)を注文。サービスで大盛に。

画像


煮干しラーメンはスープ処理が難しく、すぐエグ味やザラ
つきが出てしまうが、ここも残念ながら多少出てしまって
いる。味も煮干しが前面に出すぎな感じ。
麺は中細ストレートでスープとのバランスが良くない。

評価は ★★★☆☆

期待していた分、かえりがでてしまった感もあるが残念な
結果でした


 住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-1
             丸の内センタービルB1F
 営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00
     [土] 11:00~14:00  ※L.O.各30分前
 定休日 日曜・祝日
画像


らーめん行脚【其ノ六百五拾四】万世麺店 有楽町店 (3)[有楽町]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●万世麺店 3回目[有楽町]
らーめん行脚【其ノ四百参拾】【其ノ五百五拾】で
紹介した万世麺店 [有楽町] の3回目です。

ちょっと間が空くと食べたくなるパーコーメン。
最近、一番通ってるかもそれません。

いつもは排骨拉麺しか頼まないのですが、今日は心変わ
りで、ざるパーコー麺(950円)を注文。

画像


つけ汁は新宿の満来新高揚のような、粘度のない
あっさり醤油系。酸味も控えめ。
やはりこのスープが排骨(パーコ)が生きる。
麺は普通のラーメンと同じ、ややウェーブのかかった
中細麺。

評価は ★★★☆☆

実食まではあまり期待していなかったのですが意外に
旨い。今まで排骨拉麺オンリーだったのですがひとつ
レパートリーが増えました


 住所 東京都千代田区有楽町1-10-1
     有楽町ビルB1階
 営業時間 平日 10:00~21:00
    土・日・祝日 11:00~20:00
 定休日 年中無休
画像



らーめん行脚【其ノ六百五拾参】町田家 新宿南口店 (3)[新宿]

新機能 索引を作りました! → ラーメン行脚 INDEX

●町田家 新宿南口店 3回目  [新宿]
らーめん行脚【其ノ十三】【其ノ参百参】で紹介した
町田家 新宿南口店 [新宿]の3回目です。

ここも新宿事務所時代、時々通っていた店ですが東京へ
移動してからは機会がなく前回紹介してから約7年も開い
てしまいました。

家系は割と好きなので、普段も見かけると寄ってしまい
ます。時間的に昼前でしたが、すでに9割がた席が埋まっ
ていました。

オーダーは、ラーメン(720円)に味付タマゴ(100円)を
追加。
リクエストはいつもの、麺の硬さ、味の濃さを普通、脂
少なめ。

画像


豚骨・鶏スープに抑え目の醤油のかえし。脂少な目にした
ので塩気が際立つ。
麺はつけ麺のような弾力のある太目の平打ち縮れ麺。
忘れかけてた味の記憶が蘇る。

評価は ★★★★☆

やはり家系はときどき食べたくなる安定の一杯です


 住所 東京都新宿区新宿4-1-20
 営業時間 11:00~22:00
   日曜日 11:00~20:00
 定休日 なし
画像


らーめん行脚【其ノ六百五拾弐】元祖札幌や 帝劇ビル店 [有楽町]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●元祖札幌や 帝劇ビル店 [有楽町]

先日、ランチ目当てで帝劇ビルの地下を店舗探しをしている
ときに、懐かしい札幌やの看板を発見。
新宿事務所時代、系列が野村ビルにあり何度か通ったこ
とがあります。
その野村ビルの紹介が2012年のことなので、約7年振りの
札幌やになります。

この店の売りは濃厚白味噌らーめんのようですが、定番の
味噌らーめん(650円)を注文。

画像


個人的にはこの白味噌仕立ての味は、やはり甘くて好み
ではない。ここは好みが分かれるところだと思う。
麺は黄味の強い中太縮れ麺。
トッピングは札幌系の味噌ラーメンに多い、もやしとコーン
が入らず、代わりにわかめが入る。

評価は ★★★☆☆

今回、7年前の野村ビル店の写真を見て驚いたが、この
味噌らーめんの見た目がほとんど変わっていない。
系列間のクォリティが7年たっても維持されている。普通
変化しそうなものだが、根強く支持されているのかもしれ
ない。(さすがに値段は120円上がっていたが・・・)


 住所 東京都千代田区丸の内3-1-1
     帝劇ビル地下2階
 営業時間 11:00~20:30
    土曜 11:00~17:30
 定休日 日曜・祝日
画像

らーめん行脚【其ノ六百五拾壱】過門香 KITTE丸の内店 [東京]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●過門香 KITTE丸の内店 [東京]

今年の1月、仕事始めの日に同僚と訪問。
このビルに事務所が引っ越してから約5年になりますが、
訪れるのは初めてになります。
モダンチャイニーズスタイルという中華料理専門店です。
普段、ましてやラーメンのために行くことはないところなの
で当然なんですが・・・

店内は高級店然としていて、中華料理らしい10人掛け
位の円卓に案内されました。
数種類のランチメニューがあり、その中に麺主体のもの
もあり。
そこで、フカヒレあんかけ麺セット(1,900円)をオーダー。

画像


恐らく味の似たものは食べたことがあるが、フカヒレ
入りは初めての経験。したがって味の優劣がハッキリ
しない。
確かに濃くも奥行きがあり旨いが、ただラーメンとして
は、う~んといったところ。
個人的には旨い!というレベルではなかった。

醤油仕立てのフカヒレあんかけがかかっているので
解りずらいが、恐らく鶏出汁ベースの中華麺。
麺は加水率高めの黄味が強い縮れ中太麺。

評価は ★★★☆☆

ラーメンというより、フカヒレ入りの中華料理を食すと
いった感じ。
それにしても、他のランチメニューも含め高い!
さすがにラーメンとしてのリピは考えない。ということで
恐らく1回限りの訪問でした


 住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2
             JPタワーKITTE6F
 営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00(L.O.22:00)
     [土] 11:00~16:00/16:00~23:00(L.O.22:00)
   [日・祝] 11:00~16:00/16:00~22:00(L.O.21:00)
 定休日 無休
画像

らーめん行脚【其ノ六百五拾】リンガーハット 東川口戸塚店 (2) [東川口]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●リンガーハット 東川口戸塚店 2回目  [東川口]
らーめん行脚【其ノ百六拾参】で紹介したリンガーハット  [東川口]の2回目です。

昨年年末に家族の所用でこちらに来たとき、久しぶりに
寄りました。4年前までは、ここのジモだったので時々
通っていた店です。
結構通っていたのですが、なんと今回の投稿が2回目で、
前回は2010年8月の投稿だったので約9年半振りになり
ます。

リンガーハットはフランチャイズシステムが確立した店舗
で、どこに行っても安定したクォリティを出しています。
ただし、価格だけはテナントの立地によって異なっていま
しが、それでも低価格を維持しつづけているブランドです。

今回はやはり定番の長崎ちゃんぽん (1.5倍)(540円)
注文。変わらず麺増量サービスです。

画像


前回も同じ、長崎ちゃんぽん (1.5倍)だったので比較の
ため、9年前の写真も掲載します。
画像


スープは変わらぬ白濁した豚骨ベース。今回は味がやや
マイルドになった感じがした。
麺も比較しましたが、同じ色合いのやや薄目黄色で灰汁
の分曇った感じのストレート角麺。
昔と違うなと思うのが、他のチャンポンでは標準的なさつ
ま揚げや竹輪が入るようになったこと。個人的にはこれは
無いほうが好き。あと違いはドンブリ。

評価は ★★★☆☆

国産野菜のみを使うなど品質(コストも上がる)を上げて
いるのに価格を抑えるという企業努力は感心します。
今年の増税と周辺材料の高騰にどう対応していかれる
のでしょうか


 住所 〒333-0811 埼玉県川口市戸塚5-15-10
 営業時間 11:00~24:00(L.O.23:30)
 定休日 年中無休
画像



らーめん行脚【其ノ六百四拾九】舎鈴 エキュート赤羽店 (2) [赤羽]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●舎鈴 エキュート赤羽店 2回目  [赤羽]
らーめん行脚【其ノ六百拾八】で紹介した舎鈴  [赤羽]
2回目です。

もう都内では目にすることがめずらしくなくなってきた舎鈴。
東京、埼玉、千葉、神奈川を合わて31店舗展開されてい
ます。
今回はその中からエキュート赤羽店の2回目になります。

ここはJR赤羽駅の北口コンコース(改札内)にありますが
いつも行列が絶えないのでなかなか機会がなく、1年振り
の訪問となりました。

昨年?麺量表記が改められ、従来の(並)が(小)に、
(中)+100円が(並)に、(大)+200円は変わらず、
(特盛)+300円が新たに追加されました。
前回紹介したのが(並)、現在の(小)でしたが、今回は
旧(中)にあたるつけめん(並)(730円)をオーダー
しました。

画像


写真で見比べた感じは(小)とあまり違いを感じられませ
んが食べた感じは(中)だなと思いました。
スープは安定した出来の魚介系豚骨醤油。
麺も変わった感じはしません。

評価は ★★★★☆

どの店へ行ってもいつも食べるのはノーマルですが、
メニューには赤辛や海老、担々などがあるので次回は
他の味を試してみようと思います

 住所 〒115-0045 東京都北区赤羽1-1-1
             JR赤羽駅北口改札内
 営業時間 月曜日~土曜日 6:30~22:00(L.O 21:50)
        日曜日・祝日 6:30~21:00(L.O 20:50)
 定休日 無休
画像


らーめん行脚【其ノ六百四拾八】青葉 川崎アゼリア店 [川崎]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●青葉 川崎アゼリア店 [川崎]

現在、東京界隈で一番好きなラーメン店がこの青葉になり
ます。
青葉は昔からの有名店なので知っていましたが、初めて
訪問したのが2009年6月で今は閉店したマルイアネックス
にあった青葉新宿店です。

その次が御徒町店、大宮店と続き、やっと本命の中野本店
に訪れたのが2013年12月のことでした。
そして昨年3月に飯田橋店を訪問。
昨年11月に、通算6軒目となるここ川崎アゼリア店に行き
ました。

店構えは、どの店も同じような屋台をイメージしたもの。
白ののれんにオープン形式。
注文は定番の、中華そば(730円)

画像


いつも思うが青葉は店舗間のバラツキが少ない。
どの店も同じクォリティを感じる。
ビジュアルも見た瞬間、「青葉のラーメンだ」と反応する
安定さ。
青葉の特徴である魚介のWスープもこのクリーミーな感じ
が非常に良い。
そしていつも感じるのが麺の旨さ。スープとのバランスが
良く、抜群ののどごしです。

文句なく評価は当然の ★★★★☆

余談ですが、旭川出身の私にとって「青葉」と言えば、
子供の頃から慣れ親しんだ旭川の有名店の「青葉」。
もちろんこの中野の青葉とは関係ありませんが、最近は
だんだん青葉と言えば中野に変ってきました


 住所 〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区
             駅前本町26-2-2006
 営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30) 売り切れあり
 定休日 年中無休
画像


らーめん行脚【其ノ六百四拾七】ばいこうけん東京 (5)[東京]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●ばいこうけん東京 5回目 [東京]
らーめん行脚【其ノ四百弐拾参】【其ノ四百四拾七
其ノ四百五拾壱】【其ノ五百参拾四】で紹介した
ばいこうけん東京 の5回目です。

昨年11月に再訪。前回紹介が2016.1なので、もう約3年弱
ほどになってしまいました。
もちろん会社極近なので1~2回はいっていますが、それで
も年1回ペースです。

ばいこうけん(梅光軒)は出身の旭川ラーメンの老舗だし、
新宿時代はルミネ店によく通うほど好きな店だったのですが
この東京店は最初から別物のような感じで、だんだん足が
遠のいてしまいました。

今回はしお大盛り(860円)を注文。

画像


以前と比べ葱が緑部分が多くなったくらいで見た目は変わ
らない。
スープは他に醤油とみそがあるが、ここは塩のできが一番
良いように思う。
旭川ラーメンなのでベースは魚介系。麺は加水率低めの
中細縮れ麺。

評価は ★★★☆☆

味の変化はなかった気がする。もう少し濃いスープにした
らいいと思うのだが、東京テイストなのだろうか?
個人的には、相変わらずのややものたりなさ残念といった
ところ


 住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2
             JPタワー KITTE 5F
 営業時間 平日 11:00~23:00(L.O.22:00)
    日曜・祝日 11:00~22:00(L.O.21:00)
 定休日 無休
画像


らーめん行脚【其ノ六百四拾六】魚介の達人 久兵衛 [取手]

全店舗、索引はこちら! → ラーメン行脚 INDEX

●魚介の達人 久兵衛 [取手]

昨年11月に取手国際G.Cに行った帰りに寄りました。
新規開拓でラーメンサイトで検索したところ、見た目直線距
離で近くに評価高めのここを発見、同じ取手なのですぐに
着くかと思いきや、ナビに従っていくと20分くらいかかりまし
た。

後で解ったのですが、取手国際は取手市ではなく、つくば
みらい市にあり、また直線で行く道がなく守谷市を経由し
て行くので10km以上の道のりでした。
それでも到着したのが夕方の4時過ぎだったので店内は
先客1組のみでした。

メニューはつけ麺とラーメンが数種類ずつありましたが、
ラーメン好きの私ですが、そのときは目が行かずつけ麺を
チョイス。 ラーメンサイトにはドロドロ系とあったので濃厚
は避けて、中濃つけ麺(830円)を注文。

画像


つけ汁は色は薄目で背脂が浮いたもの。個人的には
中濃で正解の粘度。店名のとおり魚介系が出てるスープ。
割と良い。麺は結構しっかりとした標準的な角麺。

評価は ★★★★☆

つけ麺としては、よくある魚介系のスープで出来は良く
旨かった。しいて言えば麺はもう少し加水率のあるほうが
好きです。
一緒に行った同僚がラーメンを注文していたのですが
非常に旨そうにみえたので、それが心残りです


 住所 〒302-0033 茨城県取手市米ノ井167-28 2階
 営業時間 11:30~15:00/17:00~22:30(L.O.)
     [土] 11:30~22:30(L.O.)
   [日・祝] 11:30~22:30(L.O.)
 定休日 無休 (ただし、12月31日~翌年1月2日休み)
画像